松元 祐介

 

MATSUMOTO YUSUKE

  • プロフェッショナルサービス
  • 2012年 中途入社
  • 理系出身
ネットワークの技術やスキルを
若手に継承していく

ネットワークのプロとして転職を決意

私は2001年に前職の独立系ITサービスプロバイダーへ新卒入社してから10年間、ネットワークの設計/構築/運用業務に携わってきました。そのときから、TISインテックグループの方と一緒に仕事をする機会は多くありました。

TSSに転職したのは、ネットワークの技術力が高い人材を求めていたことと、若手が活躍していて、アットホームな雰囲気の社風に惹かれたからですね。これまでに培ってきたネットワークの知識を活かして、TSSで若手社員の後継育成をしてみたいと考えました。
 TSS=TISシステムサービス株式会社

転職の成功と達成感

社内で「ネットワークのことは松元に聞け」と知れわたっており、あまり面識がない社員や、別の社員が担当しているお客様から相談されることも度々あって、頼られている感じがうれしいですね。

また、グループのTISのプロジェクトに参加することが多いのですが、「社長賞」や「優秀プロジェクト賞」などを数度、受賞させていただいていることを誇らしく思っています。その賞金で、お客様と一緒に打ち上げを催して次の案件につなげたり、さらなる人脈作りに役立てることができました。

Q1 仕事面で日頃から大切にしていることは何でしょうか。

積極的に声がけすることで、チーム内の雰囲気を明るく保つことを大切にしています。殺伐とした環境ではよい仕事はできません。TSSは、基本的にはアットホームな会社ですが、仕事が立て込むと殺伐としてしまうこともありますので、わからないことを聞きづらい環境にならないよう最大限努めています。

これから入社してくる方には、失敗を恐れずにわからないことを積極的に聞いて、成長につなげるようにしてほしいですね。

Q2 教育や育成に対する考え方を教えてください。

スキルアップするためには、自身の技術力を高める必要があります。しかしその技術は、実務や経験で身に付く側面が大きいです。後輩を指導する際には、コマンドなどを覚えることよりも、論理的な思考で物事をとらえることや、土台となるネットワークの考え方を教育するように心がけています。

土台さえしっかりとしていれば、お客様からご指摘やお問い合わせがあったときに、ただ「確認します」と答えるのではなく、論理的に説明することができるようになります。また、コマンドについてはメーカーや機器によって異なる場合が多いので、OSI 7階層などの標準規格を重視しています。

Q3 今後挑戦してみたいことを教えてください。

個人的にネットワークワイヤレスの領域について学習していますが、AIや自動化についても学んでいきたいと考えています。また、TSSには営業職がないのですが、営業の意識を業務に活かすことができないかと試行錯誤しています。新しい分野や技術も重要ですが、営業目線とお客様目線、それぞれから業務に接することで、これまで見えなかったものが見えてきたり、チームメンバーのモチベーションアップにつながる気がしています。

自分自身の挑戦として、チームのスキルアップを図りながら技術者集団をつくりあげ、その規模を大きくしたいと考えているので、それを助けてくれる人に入ってきてほしいです。

Q4 TSSは「どんな会社」だと言えるでしょうか。

古い社風も大切にしつつ、常に新しい分野に取り組む姿勢がある会社だと思います。データセンター運用の長い歴史と実績を持つ会社でありながらも、慣習にとらわれず運用のあり方を見直して、改善する姿勢があると思いますね。

事実、入社2~3年の社員の話でもしっかり聞いて、新しい分野への取り組みに活かしたり、社内制度や組織体制を変えていこうとしています。

Q5 プライベートでのリフレッシュ方法について教えてください。

仕事とプライベートのオン/オフは明確にしたほうがよいと言われていますが、私はネットワークが大好きなので、プライベートでもネットワークの知識を深められるように勉強していることが多いですね。

ほかには、オーディオ機器に凝っています。長年の収集で欲しいアイテムをほとんど手に入れてしまいました。いい音で音楽を聴いていると、とてもリラックスできます。

Q6 就活生の皆さんにメッセージをお願いします。

何でも良いので、「1日後に」や「1週間後に」、あるいは「1年後に」、それぞれ自分が「どうなっていたいか」という明確なイメージを持って行動してみてください。

「成果をあげられるだろうか」とか「失敗するのではないか」といったことばかりを気にして追われてしまうのではなく、将来的なビジョンを常に忘れないようにしながら日々を過ごしてほしいですね。

♡TSSのちょっとイイところ

アットホームで、古い社風を大切にしながら、新しいものにも挑戦しているところ

☆リフレッシュタイム

こだわりのオーディオで好きな音楽に浸るのが至福のひととき

戻る

PAGE TOP