中西 愛花

 

NAKANISHI AIKA

  • プロフェッショナルサービス
  • 2017年 新卒入社
  • 理系出身
成長につながる知識を身につけ、
自己責任を持てる人になっていきたい

もともとは、システムエンジニアになることが私の夢

小学生のころから家にPCがあり、遊んだり、絵を描いたりしていたので「システムエンジニアになりたい!」というのが私の夢でした。

就活では、開発会社ばかりに目を向けていたのですが、TSS採用担当の方とお話しをして、親身に相談にのっていただいているうちに、システム運用という領域が自分にとっては新鮮で強い興味を持つようになりました。「運用する人がいるからこそ社会活動が成り立っている」ということを知って、ITシステムの運用・保守の仕事に大きな魅力を感じ、TSSを志望しました。
 TSS=TISシステムサービス株式会社

新しい技術に対しての取組みが積極的

業務では、監視サービスの提供に携わっていますが、それ以外に「働き方改革研究コミュニティ」に参加しています。コミュニティでは、まだ導入が進んでいない分野の研究を行っていて、その中で私はビジネスチャットの導入を進めています。

その他、AIの研究を行っているチームなどもあり、新しい技術や働き方を積極的に取り入れていこうとする「いい会社だなぁ」と感じています。これからも、もっともっと働きやすい環境になるようにしていきたいです。

Q1 入社前に不安に感じていたことは何でしょうか。

「同期はどんな人たちなんだろう?」と思っていましたが、入社前の懇親会などで顔を合わせる機会があったので、不安はなくなりました。それからグループ会社の同期の人ともコミュニケーションをとれたので、このつながりが今後の業務で役に立つと思っています。事前に、入社後の教育や研修の話も具体的に聞くことができて、入社前の段階から「私はこの会社で働くんだ!」という気持ちが強くなりました。

また「毎日9時から17時半まで働くのは、学生生活とはまるで違うから大変かもしれない」と不安でしたが、いざ働き出してみればあっという間に時間が過ぎて、そんな不安は忘れてしまいましたね。

Q2 教育プログラムや研修はどのようなものでしたか。

社会人として基本的なマナーや、IT知識の基礎から勉強が始まり、段階を踏んだ流れでした。いきなり難しいことをやらされてついていけない、ということはなかったですね。数人のチームで社内の部門に赴き、部門の役割や具体的な業務のヒアリングを行ったり、システム基盤構築研修なども行っていきました。

同期には情報系出身もいれば文系出身もいましたが、最初の知識量の差はあまり関係ないと思いましたね。自分の知識量に自信がある情報系の人よりも、ゼロから覚えていく文系の人のほうが吸収が早かったように思います。

Q3 職場での先輩社員や上司の方との「距離感」はどのような感じですか。

最初は「話しかけても大丈夫かな」と遠慮していたのですが、フレンドリーに声をかけてくださるので、今ではいい意味で遠慮がなくなったと感じています。これから入社してくる人も、自分の意見をしっかりと言えることが重要ですね。

私も、チェックシートの誤りや、見直した方がよい工程について意見を言うことがあるのですが、先輩方がしっかりと受け止めてくれて、一緒に改善していくことができるので、単なる上下関係を超えた一体感があります。

Q4 新入社員時に、壁にぶつかったことはありますか。

障害対応などで先輩方が慌しくしている中、自分はまだ何もわからず1人で席に座って電話番をするしかなかったのは辛かったですね。これからは、もっと知識を身につけて、大変なときに役立って頼られる人になれるよう成長しようと思いました。

後輩もできる中、自分自身、甘い気持ちでいるのではなく、仕事に対する責任を持てるようになろうと決意しましたね。

Q5 活用している社内制度について、教えてください。

福利厚生がしっかりしている会社であったことも入社の決め手となったのですが、中でも年に1度、9連休を取ることができるリフレッシュ休暇が魅力的ですね。

この制度を活用して奈良や大阪に就職した大学時代の友達に会いに行ったのですが、計画段階からワクワクしてしまいました。楽しくリフレッシュすることができましたね。

Q6 就活生にメッセージをお願いします。

就活は、自分を見つめなおす良い機会です。私は、就活用のノートを作ってWebの自己分析の結果を記録したり、友達と長所短所を言い合って客観的に自分を見つめなおしていました。自分の短所を知ることで、入社後の仕事に活かすこともできると思います。

また、就活に疲れてしまわないように、自分へのご褒美も忘れずに! 私は、大阪を中心に就活していましたが、行くたびに大阪の友達と遊ぶことを楽しみにしていました。

♡TSSのちょっとイイところ

無料ドリンクが提供されているのがすごくありがたい!

☆リフレッシュタイム

ランチタイムに先輩方とスマホゲーム。東京のラーメン屋さん巡りも

戻る

PAGE TOP